お知らせ

茨城農資株式会社についてご紹介

こんにちは!茨城農資株式会社です。
弊社は茨城県神栖市・千葉県旭市を拠点に、農家の方や農業関係者の方を対象に、農業資材・ハウス施設等農業用品を販売している地域密着型の会社です。

長年の販売実績と経験を元に、お客様お一人お一人の考え方や育成方法に関するご意見・ご要望を配慮の上、茨城県・千葉県の土壌や気候に最適な商品をご提案しています。
農業に関する事ならどんな小さな事でも構いませんので、お気軽にお問い合わせ下さい。

お探しのものはございませんか?

農業用の資材については、お客様のご要望に合わせて最善のご提案をいたします。
まずはご意見ご要望をお聞かせ下さい。
以下に取扱商品の一例を挙げますが、掲載以外の商品につきましてもお気軽にお問い合わせ下さい!
1.被覆資材
農業用フィルム(農ビ、農PO、農ポリ、マルチ)、防虫ネット、遮光ネット等

2.トンネル資材
支柱、トンネルフィルム(農ビ、農PO)、ネット、保温シート等

3.灌水資材
灌水用チューブ、塩ビ管、ポリタンク、灌水部品等

4. 育苗生産資材
ポリポット、トレー、誘引用紐、雑貨

お客様お一人お一人の農業に関する考え方や育成方法にきめ細かく対応し、ご希望・ご要望に合った製品・商品をご提案しています。
ご相談・ご質問等ございましたらお気軽にご連絡下さい!

6月10日は「時の記念日」!

こんにちは!茨城農資株式会社です。
弊社は農業資材・ハウス施設・出荷資材・肥料・種苗・農薬等を取り扱っています。

6月10日は「時の記念日」です!

今からちょうど100年前の1920(大正9)年に「時間をきちんと守り、欧米並みに生活の改善・合理化を図ろう」という呼びかけのもと、「時の記念日」は制定されました。
6月10日とされているのは、日本で初めての時計が鐘を打った日が6月10日だったからとされています。

また、古来日本では1日を12等分して子・丑・寅・卯~の十二支を当てはめていたそうです。そのため、季節によって昼夜の長さが変わり、時間の長さは一定ではありませんでした。
その名残として「正午」や「丑三つ時」という言葉が今でも使われています。

各国でバラバラだった時間の基準ですが、19世紀になり近代化に伴い国際交流が盛んになり、世界中で時刻を統一する必要性が生じました。
そこで決められたのが「本初子午線」です。

「時の記念日」をきっかけに、家族や仲間と過ごす時間を大切にすることや、仕事の工期を守ることの重要性など、「時間の貴重さ」や「時間を守ること」について考えてみるのもいいかもしれませんね!
最後までご覧いただきありがとうございました。

年末 年始 休業のお知らせ

平素は格別のお引立てを賜り、厚く御礼申し上げます。

誠に勝手ながら、弊社では下記日程を年末年始休業とさせて頂きます。

2017年12月30日(土)   ~   2018年1月4日(金)

来年も、本年同様お客様に満足頂けるよう社員一同より一層努力して参ります。

今後とも変わらぬご愛顧の程、宜しくお願い申し上げます。

▲TOPへ